VOL10「わいわいがやがや 西成区」

■わたしらの声

5月8日の第10回フォーラムにしなりは、資料はありません。西成区民と西成区を拠点に活動する政治家のみなさんに登壇いただき。わいわいがやがやみなさんの思うところを話していただきました。今号では、その声を少しだけ紹介します。

 

■西成区民Sさん

先日の新聞で、学識者100人が大阪都構想に反対する記事を読みました。都構想では、これまで大切にしてきた市民の「安心・安全・防災」の記載がないことを知りました。わたしはいまのままでは、正直不安です。同じように大阪市の歴史と財産が奪われるの?西成もなくなるの?生まれ育った『西成』を私たちの声で守っていきたいです。

■西成区民Aさん

くしくも、住民投票日の5月17日は私の誕生日です。だから話すわけではないですが、橋下市長は人のお金を使うのが得意だとつくづく思います。いまの都構想のCM費用は4億5千万円。先の市長選は6億円。あわせて10億。まさか、大阪府には6兆円のすごい借金があるので、それを薄めるために大阪市を吸収して「都構想」と言っているわけではないですよね。

そして、バブル時代の大阪市と大阪府のビル建設を二重行政の象徴と言いながら、カジノ建設や特別区の新庁舎建設などバブル時代を彷彿させることを提案する。なんかおかしないですか?

専門家もこれだけ反対して、維新の会以外も反対しているし、急がずにいろんな人の話を聞いて、大阪のことを考えようよ。

■西成区民Hさん

西成区で居酒屋やってるけど、橋下市長がやっていることは「西成区はそんな邪魔か?」「年寄りは、はよ死ななあかんか?」。そうとしか思われへん。僕は都構想に反対です。

■議員の声

区民のみなさんの声をうけ、小林みちひろ 前大阪市会議員、前田おさみ 大阪市会議員、川岡栄一 大阪府議会議員、柳本あきら大阪市会議員に登壇いただき、「都構想」について現実生活への影響やこれまでの経過など、それぞれに説明をいただきました。

20150508-1

20150508-2

 

20150508-3

 

20150508-4

 

20150508-5