VOL22「国民が意思を示すとき」 ~イギリス国民投票と参議院選挙~

  1.EU離脱/残留をめぐるイギリス国民投票

はじめに

今日は7月10日に実施される参議院議員の争点などについて学習する前に、連日テレビ・新聞などで頻繁に報道されている、イギリス(以下、「英国」)のEU離脱問題について考えてみます。この問題は日本にも非常に影響のある重要な問題なので、最初に少し時間をとってお話しします。
英国は4つの国の連合国で、スコットランド、北アイルランド、ウェールズ、イングランドからなっています。国旗もこれら4つの国の旗を集約したデザインになっています。また、英国はかつて世界的に絶大な力を持
っており、例えば世界標準時も、ロンドンのグリニッジ天文台を通る経線(0度)に従って決められました。
ところで英国と日本の時差は9時間。日本の標準時は兵庫県明石市を通る東経135度を基準にしています。実際のところ北海道と沖縄の時差は1時間ほどですが、日本国内は標準時で統一されています。

無題1

英国国旗の変遷
出典:ウィキペディア

EUとは

EUとは「欧州連合European Union」のことで独、仏、伊、スペインなど28ヵ国が加盟しています。英国はその28ヵ国の一つです。EUが生まれてきた背景には第2次世界大戦を反省してヨーロッパが国家を超えた一つの共同体になり、新しい秩序を作ろうとする人びとのねがいがありました。ヒト・モノ・カネの往来を自由にしてヨーロッパ全体でさらなる発展を目指すという目標もあります。

なぜ英国はEUを離脱し、難民を受け入れたくないのか

6月23日に英国で国民投票が行われます。表向きは国としての主導権の回復ということですが、本当の理由は、これ以上難民を受け入れたくないからだと思います。
英国では社会保障が充実しているので、「難民」に認定してもらえれば手厚い保護を受けることができます。だからシリア、イラク、アフリカなどからの多くの難民が英国を目指してやって来ます。
ところが、英国もさまざまな理由で難民の受け入れを拒否したくなる場合があります。まず、国民の税負担が大きくなります。また、国内の労働市場が難民に奪われ、失業のリスクが増大するのではないか、という不安があります。さらに、英国古来の文化の喪失や治安の悪化も理由とされています。しかし、EU加盟国には難民受け入れを拒否できないという法律があるので、拒否できないのです。

離脱後の日本への影響は?

現在、世界のマーケットは米国のニューヨーク、中国の上海、英国のロンドンの3都市を中心に回っていますが、英国がEUから離脱すると、英国への輸出品に関税がかかるので、世界の金融機関や企業が国外に出ていく可能性があります。そうなると、英国の貨幣価値が下がり、ひいてはEU全体に影響を及ぼし、多くの企業が進出している日本にも影響が出てくる可能性があります。
日本にとって英国はアメリカに次ぐ2番目の投資先で(2014年現在で日系企業1084社)、多くの企業がヨーロッパ全体のビジネス拠点を英国に置いています。しかし離脱した場合、EU域内の国々との貿易に関税がかかる可能性を考慮して、ビジネスの利便性から拠点を移動させる可能性があります。とくに日産、トヨタ、ホンダなど自動車業界への影響が注目されます。

※6月23日に開票された英国での国民投票ではEUからの離脱を支持する人たちが勝利しました。

2.参議院選挙、争点は憲法改正

はじめに

無題

6月21 日の公示をうけ7 月10 日投開票の参議院議員選挙が実施されます。衆議院議員は任期4 年で解散があります。参議院選挙は定数242 の6 年任期ですが、3年ごとに半数の121 人を改正します。今回の選挙の特徴はアベノミクスの評価と新しく18 歳選挙権ができたことです。これにより、高校生でも18 歳になれば投票に行くなどの選挙活動が可能になりました。教育現場での政治の学習がより深まることを期待します。

「アベノミクス」の評価は論点のすり替え

そもそも選挙の争点とは、選挙期間中に「私たちの政党の政策はこうで、あちらの政党とはこんな点が違う」と主張しあう議論の材料です。今回の争点は当初、①消費税10%増税、②安全保障関連法、③憲法改正の3 点になるかと思われました。しかし、消費税の増税は2 年半後に先送りし、安保関連法案はすでに成立、そして憲法改正に意欲を示すものの安倍総理は選挙争点にしない、と隠しているのが現状です。
これらの争点に代えて「アベノミクス」と呼ばれる安倍政権の経済政策の評価が争点に掲げられています。国民はこうした論点のすり替えを見抜く必要があります。

どうして与野党の主張が似ている?

与党が本当の選挙争点を隠すために子育てや社会保障などに重点を置くようになり、一見すると与野党とも似たような政策が並びます。
たとえば、待機児童対策も給付型奨学金の創設も、野党が今回の選挙に向けて考えていた政策ですが、野党の追及をかわすかのように、保育士や介護士の処遇改善策を検討すると言ったり、「同一労働・同一
賃金」実現による「正規・非正規の格差」の是正を訴えたりするようになっています。これらはもともと民主党が公約で訴えてきたものです。
このように自民党は、民進党など野党が主張する政策を取り込み、参院選での「争点かくし」の動きを活発化させているように思えます。

争点は憲法改正の是非

このような「争点かくし」のために分かりづらくなっていますが、今回の参議院選挙は、間違いなく「憲法改正」が争点になっています。自民党の一番の目的は、憲法改正発議に必要な3分の2議席を確保することです。与党が勝てば悲願である憲法改正にグッと近づきます。そして間違いなく憲法改正になるでしょう。
改正のポイントは第9条です。維新は憲法改正に賛成する可能性が高いです。公明党は公約に憲法改正を含めていませんが、反対派が存在するのも事実です。共産党は自衛隊を違憲とし「改正反対」です。重要なことは、私たち国民が憲法改正の是非についてしっかり判断することです。

フォーラムの声

10 代女性

無題2

私は今年で20歳になりますが、投票は10代で行うことになります。しかし、友達との会話では18歳選挙権の話題は一切出てきません。選挙に行かなければ、どんな影響があるのか、何を基準に投票すればいいのかわかりません。

小林――

日本は法治国家であり、すべて法律に基づいて私たちは生活しています。その法律を作っているのがとても少ない人数の国会議員です。
どの政党、どの候補者が自分にとって良いのか、それを判断する力を付けなければなりません。

50 代女性

メディアでは「就職率が上がっている」という話がありましたが本当ですか?

小林――

「就職率」でなく「失業率が下がっている」という報じ方をしています。現実には雇用が増えているとは言い難いのではないでしょうか。メディアの報じ方にも注意して考えなければなりません。

30 代男性

無題.3

選挙公約をみると自民党は「成長と分配の好循環」で、民進党は「分配と成長の両立」。二つの違いは何ですか?むしろどちらも似ているのに、なぜ一緒にやっていこうとしないのですか? その方が効率的だと思うのですが。

小林――

「成長することにより景気が良くなっていく」というのが自民党。「成長と景気を同時に」というのが民進党でしょう。ただ、キャッチフレーズが似ていても政党としての理念が根本的に違います。たとえば原発問題によくあらわれていますが、そもそもの理念が違うから一緒にはなりません。

30 代男性

投票基準として、候補者本人よりも政党の言うことを信じたほうがいいのですか?

小林――

信じるのであれば「個人」の方がいいです。もっともそれが実現されるとは限りませんが。

30 代男性

公約の財源はどこにあるのでしょうか?

小林――

自民党は財源の根拠を提示せずに隠しているし、おおさか維新は公務員の給料減らしや議員削減で予算を捻出すると言っています。民進党は赤字国債を発行すると言っています。

60 代男性

(民進党は)金持ちから税金をとると言っている。

70 代男性

無題4

18歳選挙権が今回から出てきたが、自分が若い頃には沖縄の復帰闘争がありました。そこで自分も沖縄に行ったものの命からがら逃げ帰った、という経験をしました。当時は沖縄がすべてを請け負っている印象を受けた。そんな経験をして、今の人たちも考えなくてはいけないのは「今の自分はどうしたらいいのか」を考えることではないでしょうか。自分たちが置かれている位置を分かろうとして、政治社会に興味を持つことが大切ではないでしょうか。

50 代男性

無題5

今回は18歳投票権が大きな争点であり、若者に焦点をあてて考える必要があると思います。奨学金やブラックバイト・企業の問題、消費税の問題、若者の政治的関心を高めることが必要ではないか。

40 代男性

無題6

――なぜネット投票はできないのですか?

小林――

第一に、本人認識が困難だからだと思います。ネットで選挙を行うには「なりすまし」をはじめとする不正防止が条件になるでしょう。
――それはハガキでも同じではないですか?

小林――

投票するのにハガキは必要ありません。事務作業の簡素化・効率化のためにあるだけです。

20 代男性

ネット投票が実現すると投票率はあがりますか?

小林――

24時間の投票が可能になり場所も関係ないので、大幅に上がる可能性はありますね。

会 場1

マイナンバーの使い方がこれから重要になってくると思う。

会 場2

QRコードを活用しても無理ですか?かなりセキュリティの高いものもあります。一度読み込むと、2度と使えない仕組みもあります。それを使えば可能な気もしますが。

小林――

不正を防ぐための議論はこれからたくさん出てくるでしょうね。若い子はやっぱりネット投票の方がいいかな?

会 場3

無題7

今ネットで調べたら、エストニアという国では電子投票がありました。韓国ではボタン投票が2006年にあるようです。

60 代男性

今回の参議院選挙、民進党の人気はやや持ち直したようにも見えるが、現状はかなり厳しい。民進党にもっとしっかりしてほしい。自分たちの政策に近い政党を応援するのが本来だが、その政党が本当に政策を実現できるかを判断しなければならない。

無題8

次回のご案内

第2 3 回フォーラムにしなり

7 月2 7 日( 水)午後6 時3 0 分~

於: にしなり隣保館「スマイルゆ~ とあい」