ブランコート

都市型デザイナーズマンション

イタリアンレストラン

リストランテ ベッラファーべ

ガラシャ

ガラシャ

祭り

ながさん祭りロゴ

アジールコート

なにわ筋と鶴見橋商店街の結節点

ガラシャ

ガラシャ

月刊なび136号より ボクも定年になりました
 投稿日時: 2018/06/05
 ボクも65歳になったので、5月の決算期末をもって㈱ナイス代表取締役を退任する。取締役には残留し、後任の寺嶋公典社長をバックアップする。また、薬局開設者やエル・チャレンジ代表理事はもう少し続けることにした。退任記念ということなのか、『なび』の「いい湯かげん」を収録したエッセイ集が発行された。当人の知らないサプライズだったが、「遺稿集? はたまた、物書きまがいか?」と少々戸惑いもしたが、悪い気もしない。
 振り返って、コラムを書き始めた動機は、「ボク」だった。当時、ボク達の社会運動という世界では、「ボクは・・・」の書き出しは珍しく、みんな「我々は・・・」と書き出した。だから、みんな「優等生」を装い、誤解を必要以上に恐れて、主訴を曖昧にした。その次は、「さん」だった。ボクは、一度も「安倍」と呼び捨てなかったし(「アベ」と記号化したことはあるが)、「橋下さん」と敬意を表した(市長と呼ぶのもできるだけ控えた)。とくに、仲間筋で「ハシシタ」なんてわざと読む人に、強烈な「差別の異臭」を感じた。
 別にボクの「いい湯かげん」に感化されたわけじゃないだろうが、時間軸ではボクに続いて、同じ西成の赤井隆史さん(部落解放同盟大阪府連委員長)や摺木利幸さん(地域の社会福祉法人理事長)もコラムを書き始めた。ボクは、赤井さんは肩書きと風貌(失礼!)故に、また、摺木さんは理論家で堅物(これまた失礼!)故に、コラムを書くことでうんと優しくなるとほくそ笑んだ。住吉区の社会福祉法人理事長の村田進さんのコラムに出会った時は、その自然さに驚いて、繰り返し読んで、呑みに誘った。「ですます」調でなく「である」調にしたのは、ただ紙面の節約だけが理由で、ホントは「ですます」調で書きたかった。
 「ボク」で書き出して、「さん」と対称化してみると、ものの見方が「いい加減」になって、社会運動の「方針(というもの)」が自分の中で収まりにくくなり、橋下さんや維新の「マッチョ」が気になった。前原さんの野望が頓挫し、枝野さんの立憲民主党が登場して、予期せぬ野党再編が動き出した。ご両人はそうでもないのだろうが、「取り巻き」に「いい加減さ」がないことにも戸惑った。ボクは、FB だったかコラムだったかで、その昔の「迷走する民主党」を「いまの自分」に置き換えて、だからこそ目いっぱい腐している人々がいる、そこが案外と救いだと書いたことがある。その人々は、生活困窮者とか非正規労働者とか、ニートとか、はたまた中流、中間と呼ばれたり、自称したりしているが、何とかしたい自分と何ともならない自分の間を揺れ動いていると思う。なんだ、迷走する野党って自分と同じなんだと、目と目が合った時、「お前ならどうする?」と問いかけられれば、「恋は芽生えないが、俗に言う反転攻勢が始まる。」ボクは、そう期待する。
 「いい湯かげん」も年貢の納め時に秒読み状態だが、許されるかぎり書いていこうと思った。

株式会社ナイス
冨田 一幸

_