ブランコート

都市型デザイナーズマンション

イタリアンレストラン

リストランテ ベッラファーべ

ガラシャ

ガラシャ

祭り

ながさん祭りロゴ

アジールコート

なにわ筋と鶴見橋商店街の結節点

ガラシャ

ガラシャ

月刊なび146号より 市民参加は面倒くさいか
 投稿日時: 2019/04/01
 この拙稿がお目見えする頃には統一地方選も終わっている。残念なことだが、大阪の主役はまたまた維新だった。歯痒い思いをしながらボクは振り返った。
 橋下さんの人気が最高潮だった頃、「冨田さんはいつも市民参加と言うけど、私は自分ではやりたくないし、時間もないから、高い税金を払って公務員や議員に任せているつもり。ボクに任せて一票入れてくれと言ってる橋下さんの方が分かりやすい」と、知人女性は語った。あれからもう8年かな? 次第に橋下さんの言は「ボク」が「ボク達」になり、大阪では強靭な橋下チルドレン、維新議員達が跋扈した。知人女性には満足な8年だったのだろうか、今度も維新に投票したのだろうか。
 知人女性はどっちでも良いと言っていたが、もう一つの橋下さんの分かりやすさが大阪都構想だった。しかし、都構想は、分権はそっちのけで、次第に市場頼みの虚言に変質した。幸いにも、インバウンド景気や安倍さんが取り込んだ教育無償化に、大阪万博というある種の「外因」が橋下維新の虚言を救った。維新は強運だった。
 しかし、皮肉にも「一票」が維新を袋小路に追い詰めた。選挙マジックが擦り減りはじめ、「もう11月(知事・市長の任期)まではもたない」、ただそれだけが理由の前倒しクロス選挙になった。維新は味噌をつけた、ボクはそう思った。
 一方で「市場頼み」も翳りを見せ、公共サービスの民営化も疲弊し始めてきた。効率性を重んじる民営化に、ボクは当事者性を活かせる「市民営化」を対案化してきたが、現場は羅針盤のないまませめぎ合っている。外国を引き合いに出した「再公営化」なんてのも出始めた。都構想の各論がきわめて乏しい維新は、次第に現場の議論から遠ざかった。この問題を今度の選挙の争点にしようという政党はなかった。
 ボクはかの知人女性にまだ返答していない。
 外交と医療と年金以外の公共サービスはすべて自治体が担っているのが日本の仕組み。当然、自治体のサービスは増えるし、その内容も変化する。あまりに小分けされた自治体の単位では非効率にもなるし、専門性も追いつかなくなる。一方で大阪市のような大都市では目が届かなくなるし、不公平も生じる。都構想などの制度変更の議論が起こる所以がある。
 しかし、そのサービス一つひとつを解析していくと、やり方一つで随分満足できるものにすることもできる。その総論に分権とか自治体共同とかの制度論もある。自治体というのはまだまだ未開拓な分野で、市民は思わぬ幸せを得られるかもしれないし、その逆もある。そういう思考回路のことを「市民参加」という。ボクの説明はまどろっこしいが、8年経って、かの知人女性に話してみたいと思った。

株式会社ナイス
冨田 一幸

_