ブランコート

都市型デザイナーズマンション

ガラシャ

ガラシャ

アジールコート

なにわ筋と鶴見橋商店街の結節点

ガラシャ

ガラシャ

月刊なび162号より どんな附帯決議がつくのかな
 投稿日時: 2020/07/31
 コロナ禍があっても大阪都構想の法定協議会は予定通り進行し、6月19日に賛成多数で協定書案を可決、府議会は8月28日、大阪市議会は9月3日を目途に議決し、11月1日には住民投票が実施される。松井市長は、両議会議決の前にコロナ第2波の状況を見て、住民投票実施を最終判断すると明言している。
 賛否はともかく、合区一つでも至難だったのに、大阪市を大阪府に吸収合併するという大改革案(暴論と言う人もいる)を二度も住民投票に持ち込んだ知事・市長の手腕は、見事だとしか言いようがない。しかも、コロナ禍という難問にも揺るがないのだから潔い。
 しかし、だ。だからこそ、知事・市長はこれから3ヶ月間、苦悶の日々を過ごされることにもなる。5年前の、賛成が僅差で反対を上回ると予測された住民投票は、蓋を開ければ僅差の逆転だったからだ。直近の世論調査(6月28・29日付『日経新聞』等)では、賛成49%・反対35%と予想以上に差が開いたかに見える。しかし、これは流動する。大阪市の廃止を市民自ら決するのは、とても高いハードルだからだ。ましてやコロナ禍だ、市民は揺れ動く。前回の住民投票の否決で橋下さんは引退されたが、同じ結果になれば、その後の言動からして松井市長も吉村知事も潔く身を処せられるのだう。
 大阪市民はホントに難しい歴史的な決断に立ち会うことになってしまった。知事・市長を権力者、無法者と断じている人は何の躊躇いもないだろうが、この10年の改革をそれなりに支持し共感しつつも、大阪市廃止にまでは想像力が及ばない市民は、躊躇い、苦悶されることだろう。打ち明けた話、ボクもその躊躇う市民の一人だ。
 ボクは、この拙稿でも、選挙で信を得た上に退路を断って臨もうとする知事・市長の改革提案に対して、「都構想の対案は廃案」「住民投票は何回もやるもんじゃない」なんて肩透かしのような態度は失礼だ、せっかくの改革案には対案を出して反対すべきだと書いてきた。だから、総合区への移行、大阪市を残したままの府市の限りない一元化が良いとも書いてきた。実際、法整備も整い、公明党が提案し、橋下市長(当時)も妥協され、都構想の総合区への軟着陸が実現しそうな時もあった。でも、そうならなかったから、もはや繰り言だ。
 さて、残る期待は、府・市議会の「附帯決議」だ。一つはコロナ禍への対応。一三五〇億円と推計される移行コストはこの状況下で見直しを迫られよう。二つは成長戦略の再検討。IR もカジノも万博もインバウンドも民営化も、修正を加えてバージョンアップすると決議して欲しい。三つは医療介護の再構築。コロナ禍で進行した脆弱さを検証して欲しい。四つは住民参加。議員定数や地域福祉圏域等に断続的な改革の道筋を示して欲しい。しっかりした議論を展開し、ちゃんとした附帯決議を残してくれることを期待する。その後に、いよいよ住民投票を迎えたい。ボクは無念さと躊躇いを感じながら、一票を投じることにする。

_