ブランコート

都市型デザイナーズマンション

ガラシャ

ガラシャ

アジールコート

なにわ筋と鶴見橋商店街の結節点

ガラシャ

ガラシャ

月刊なび165号より カモン! コモン(共同)
 投稿日時: 2020/10/30
 ロングセラーになると橋下徹本さえ抜くのではないか。斎藤幸平著『人新世の資本論』が売れている。「人新世」は「ひとしんせい」と読み、人間の経済活動が地球の運命を変えてしまう環境危機の時代という意味だ。「資本論」は一五〇年程前のマルクスの著作名。斎藤さんは地球と人類を救う理論を『資本論』に遡ったわけだ。
 ボク達の時代には、資本主義は労働者階級を搾取するというテーゼをマルクスから読み取ってきた。しかし、斉藤さんは老マルクスの未開の文書から、資本主義が地球環境まで搾取することを見抜いていたと読み解く。そうなると話が違ってくる。経済成長は良いことで、資本主義の後には社会主義が来るという楽観は吹っ飛ぶ。資本主義はそのうち地球を破壊してしまう。根こそぎの開発に走った経済成長の結果、人々は大洪水や飢餓に脅え、支配層だけはシェルターに立て篭って暴力を振う。封建社会(封建資本主義)に逆戻りだ。今は封建社会への黄昏時なのか、コロナ禍もある種の環境破壊が遠因で、自宅=シェルターにステイホームできる人に、そうできない人が危険を承知でウーバーの宅配で奉仕するという支配構造が見えてくる。そんな危機からの活路はあるのか。
 ところで先日、視覚障がい者で唯一参院議員を務めた堀利和さんの著作を読み、討論もした。資本主義は労働力さえ商品にする「特殊な経済」で、自由平等のスローガンも健常者の平均的労働能力に基づく不等価交換(障がい者排除)を容認する限定的なものだ。自由平等は人類の進化の過程で形質として獲得された「共生の遺伝子」に始祖があり、その遺伝子が利己や利他に傾くのは社会環境に因るのであって、「あくまでユートピアだ」と断わりつつも、堀さんは「利他を醸し出す共同労働のイマジン」が必要だと喝破された。
 斉藤さんは危機からの活路を「エコ社会主義」という政治形態と「コモン」という経済形態に求めている。エコ社会主義とSDGsのような装飾的なものではなく、地球環境保全へのラディカルな社会運動だと言い切る。コモンは公共の市民による共同管理と理解すべきか。実は、ボクは斉藤さんに、公共サービス等の管理は、再公営化でも民営化でもない「(市)民営化」が良いと質問したことがある。ミーハーだが「〈市民〉営化」という表現を斎藤本に見つけて、ちょっとニヤけた。資本主義には地球も人類も守れない。国家(社会主義)に任せても大失敗した。資本主義に替わる社会動態を「コモン」と名づけて人間が共同して管理する。そのコモンの方法が〈市民〉営化というわけだ。
 コモンは難解だから市民営化をまず想像したら良い。もう30年やってる西成の毎日型配食サービスは、企業でも役所でもなくボランティアが始めて、今は社会福祉法人が引き継ぎ経営している。これが市民営化。一方、話は大きくなるが、いま注目のコロナのワクチンなんか、地球市民で共有する仕組みができたらどんなに素晴らしいか、これがコモン。実践は難しくても、分かりやすくないかなぁ。

_