ブランコート

都市型デザイナーズマンション

イタリアンレストラン

リストランテ ベッラファーべ

ガラシャ

ガラシャ

祭り

ながさん祭りロゴ

アジールコート

なにわ筋と鶴見橋商店街の結節点

ガラシャ

ガラシャ

月刊なび134号より 「我が事丸ごと」に想うこと
 投稿日時: 2018/04/02
 振り返って、1999年に社会福祉の基礎構造改革が提唱され、2000年12月には「社会的援護を要する人々への社会福祉のありかた」が発表された。その頃、大阪府は未曾有の財政危機にあったが、「まちかどデイ(介護予防)」や「行政の福祉化(施設や事業の福祉活用)」、「地域就労支援事業(雇用の中間支援)」などの改革に取り組み、功績を今日に残した。2002年の同和対策法終焉の善後策を探っていた部落解放運動は、この改革に共感し、在野で少なからぬ役割を担った。ボクもその渦中にいた一人だった。
 20年近い歳月を経た現在、厚労省は「我が事丸ごと」というフレーズで地域福祉を改正社会福祉法で再定義した。社会保障給付額が20年前のおよそ2倍にも膨れあがった国の財政事情が背景にあり、自治体や地域への「他人事」「丸投げ」という「上からの地域福祉」との懸念は拭いきれない。一方で、この20年、自治体や地域からの「下からの地域福祉」が成熟してきた紛れもない事実も背景にある。財源を置き去りにしたままの「厚労省の総務省化」であっても、この改革の機会を逃す手はない。「隣保館の再生」というリアルな目標を持った部落解放運動も、この改革にコミットしてほしいものだと願う。その渦中にいる解放運動の仲間は、多数、多分野に広がっている。
 この社会福祉改革のポイントは二つに絞られると想う。一つは、縦割り福祉を包括型福祉に変えるということなんだが、肝は「人材」だ。単体の福祉でも人材が枯渇しているのに、包括型となれば人材不足は深刻だ。ちょっと唐突だが、自治体もいつまでも「公務員」だけじゃなく「自治体職員」の登用に踏み込むべきだと思うし、社会福祉法人も「法人経営」から「地域経営」へと踏み出すことではないかと思う。NPOや社会運動もまた、「中間支援」への問題意識を広げて、どの領域が先駆をとるか競い合ってほしいものだ。
 もう一つのポイントは「住民参加」。ここでは、あれこれの方法論に先立って、「民主主義のつくり直し」が肝になると書いておきたい。民主主義とは「みんなの問題をみんなで決める」システムのことで、住民参加の原点だ。「みんなの問題」の「みんな」は「当事者性」のことで、社会福祉では「受益」のことだ。「みんなで決める」の「みんな」は「関係性」のことで、社会福祉では「負担」のことだ。そのシステムを間接民主主義に任せてきたが、国のことはともかく、身近な地域や自治体のことなら、もう少し直接民主主義の手法も取り入れて「見える化」しようというのが住民参加という意味だ。その内、税は国に配分させるのが良いのか、住民サービスは税や市場でしか調達できないのか等々、まさに民主主義が深まっていくことが期待される。部落解放運動の「一支部一社会的起業」という運動方針も、そう突飛なものでもないように思えてくる。

株式会社ナイス
代表取締役 冨田 一幸

月刊なび133号より 職人がうんと身近になった靴学校
 投稿日時: 2018/03/01
「靴職人養成講座( シューカレッジおおさか)」が始まったが、これは楽しみだ。「西成製靴塾」が一年間で有料なのに対し、この講座は3ヶ月で無料だ。「皮産連」という業界団体を通じた公費が導入されているからだが、その背景には、例のTPP(環太平洋パートナーシップ協定)による経済の自由化から国内産業を防御する目的がある。
 訓練期間は3ヶ月だが、講座を主催する大阪靴メーカー協同組合の加盟企業に就職し、働きながら訓練を継続していくことがこの講座の目論見だ。即戦力を求める時代なのに、業界もよく踏み込んだものだ。「靴職人」という高そうなハードルをうんと低く見せることができているのは、講座の事務局を担う´Aワーク創造館の知恵なんだろう。「就労支援」という文言を使わない気配りも透けて見える。
 その昔、阪神大震災の復興支援に「仮設工場」というものがあったことを覚えておられる読者は多いと思う。神戸のケミカルシューズも工場の中にあった。「仮設」なんて、震災という非常事態だから容認できても、職人にとってプライドが傷つくネーミングだったかもしれないが、これが功を奏した。仮設工場は、
被災企業の「避難所」であり、「操業再開準備所」であり、被災失業者の「職業訓練所」でもあったし、被災市民の「生活再建のイメトレの場」にもなった。幾重もの思いが重なっていた。後に、そこから企業組合や協同組合が生まれ、官民連携型産業振興公益法人も生まれた。余計な口を出さない行政の「絶妙の立ち位置」も光っていた。そして、神戸のケミカルシューズは今も健在だ。
 「仮設工場」、単純な発想に見えて、何とも意味深なシナリオだが、難しく言えば、「中間労働市場」と定義できると、ボクは、加藤恵正兵庫県立大学教授から聞いた。「中間」あるいは「媒介」って、被災(失業)から復興(雇用)への「上り框かまち」という意味だと理解することは、「中間的就労」が制度化までされた現在では、容易なことだろう。しかし、就労支援をはじめからインプットした労働市場に変身していく、それが中間労働市場であり、これからの成長産業だという理解はまだまだ広まっていない。ボクは、昔からそこをイメージし、製靴などの仕事を「都市生活関連産業」なんてネーミングしたり、はたまた、ビルメンテナンス業界が「新雇用産業」なんて呼称した時には、膝を叩いたりもした。
 西成製靴塾の関係者は「靴ほど引き出しの多い業種も少ない」と語っておられたが、職人が育つ製靴産業は、それだけ豊富な支援メニューを内包しているものなのに、案外と当人が気づいていなかったのかもしれない。それが発掘されていくのは、受講生もさることながら、事業者にも、「靴のまち」の住民にも喜ばれることだろう。

株式会社ナイス
代表取締役 冨田 一幸

2018年 vol.131~
 投稿日時: 2018/02/28

Vol.137

2018年7月号

特集:にしなりもん
地域こども応援団 第14回
今月のお隣さん 矢口 冨美男さん
お風呂やさんものがたり 4軒目 宝温泉
たくやの6畳2間
ボクのいい湯加減 この事業がずっと続くために
エルカレ通信 ぷらす+あるふぁ
皮算用胸算用
松向寺さんの心の時間
COUNT2.99

Vol.136

2018年6月号

特集:区界浄土
地域こども応援団 第13回
今月のお隣さん 辻 美代子さん
お風呂やさんものがたり 3軒目 七福湯
たくやの6畳2間
ボクのいい湯加減 ボクも定年になりました
エルカレ通信 ぷらす+あるふぁ
皮算用胸算用
松向寺さんの心の時間
COUNT2.99

Vol.135

2018年5月号

特集:にしなりもん
地域こども応援団 第12回
今月のお隣さん 二井土 みよさん
お風呂やさん 2軒目 千成温泉
たくやの6畳2間
ボクのいい湯加減 都構想への対案と維新と競う新人擁立が必要
エルカレ通信 ぷらす+あるふぁ
皮算用胸算用
松向寺さんの心の時間
COUNT2.99

Vol.134

2018年4月号

特集:区界浄土 ニシナリパラダイス
地域こども応援団 第11回
今月のお隣さん 橋本 勝義さん
お風呂やさん 1軒目 都温泉
たくやの6畳2間
ボクのいい湯加減 「我が事丸ごと」に想うこと
号外マナビバ!通信
皮算用胸算用
松向寺さんの心の時間
COUNT2.99

Vol.133

2018年3月号

特集:にしなりもん
地域こども応援団 第10回
今月のお隣さん 奥井 國美さん
おもろいひとびと 山口 幹夫さん
たくやの6畳2間
ボクのいい湯加減 職人がうんと身近になった靴学校
号外マナビバ!通信
皮算用胸算用
松向寺さんの心の時間
COUNT2.99

Vol.132

2018年2月号

特集:区界浄土 ニシナリパラダイス
地域こども応援団 第9回
今月のお隣さん 宜喜 千恵子さん
飯ュラン 17軒目 シルバーショップ「喫茶・軽食 クローバー」
たくやの6畳2間
ボクのいい湯加減 「幸福」のための「耕福」
号外マナビバ!通信
皮算用胸算用
松向寺さんの心の時間
COUNT2.99

Vol.131

2018年1月号

特集:にしなりもん
地域こども応援団 第8回
今月のお隣さん 中嶋 梨花さん
おもろいひとびと 中本 整さん
たくやの6畳2間
ボクのいい湯加減 どうしようもないのなら、議会を解散したら良い
号外マナビバ!通信
皮算用胸算用
松向寺さんの心の時間
COUNT2.99

« 1 (2) 3 4 5 ... 29 »
_