ブランコート

都市型デザイナーズマンション

ガラシャ

ガラシャ

アジールコート

なにわ筋と鶴見橋商店街の結節点

ガラシャ

ガラシャ

月刊なび151号より 障がい者が法を変える
 投稿日時: 2019/09/03
 「れいわ」の重度障がい者が参院比例選挙の特定枠から立候補した時、よくこんなこと考えたものだと仰天した。当選の確率は高そうだった。そうなると、通勤や通学には認められていない介助保障を国会議員にどうするのだろう、ワクワクしながら見てた。法律が認める「合理的配慮」を運用して参院負担するか、いやいや一気に法律改正してしまうか。頑なに障がい者議員の自己負担を求めるか。障がい者国会議員を前に、ごまかしは効かないと思った。
 始まってみると、当事者パワーはやっぱり凄かった。あっという間に参院負担が決まった。でも、それで済む問題ではない。すかさず、障がい者議員は、「私を特別扱いするのか!一刻も早く法律改正を」と質問書を提出した。
 各党、言い方には多少の差が出た。維新の会代表でもある松井大阪市長は、執拗に「議員特権はダメ」とこだわって、山本太郎さんに「昭和のオッさん」呼ばわりされた。本論から逸れたやり取りをあれこれ論じる気はない。松井市長も法改正は必要と言明した。
 これからどうなる。そもそも障がい者の総合支援と大きく構えながら、通勤介助は企業負担と逃げてしまった欠陥の総合支援法だ。さいたま市の女性の重度障がい者が、市役所に直談判したのは2017年7月。市も厚労省に要望したが埒があかない。業を煮やした市は、今年から市独自で通勤介助保障を作ってしまった。このさいたま市の女性障がい者が井戸を掘ったエラい人だ。それを知っているだろうから、れいわの2人も参院特例なんかでは引き下がれない。
 こんなことを目の当たりにして、一体ボクらは何をしてたんだろう、政党も何をしてるんだろう、そう思わせた。だからと言って卑下するんじゃなくて「福祉は当事者が与党、野党が与党」、しみじみそう思う。障がい者議員にそう気づかされた。いま良い経験をしているということだ。
 ボクは、松井市長は合点さえいったら行動は敏な人だと思う。府知事時代の最後には、障がい者就労支援のハートフル条例を改正してくれたから。さいたま市のように国に働きかけてくれると期待もする。さもなくば、大阪市は独自の制度を作ることも辞さないと啖呵を切ってくれても良い。それなら、ボクは、市長の多少の言葉足らずは気にもならない。
 公的通勤介助保障に法律を改正すると言っても、企業の負担はなくならない。公的保障に合理的配慮を重ね合わせることになる。1つの例が大阪府の就労支援条例で考慮された「就労支援費込労務単価」。自治体は就労支援費を予定価格に積算し、企業は雇用する障がい者の実情に合わせた支援計画と突合させる。府認定の中間支援組織がこれをコーディネートし、審議会が検証する。よくできたこの制度は当時知事だった松井市長の功績で、今年の4月から実施されている。上述に「福祉は自治体が与党」と付け加えることもできよう。何せ当事者パワーはすごい!

株式会社ナイス
冨田 一幸

月刊なび150号より 最賃の全体像を見よう
 投稿日時: 2019/08/01
 最賃(地域包括最低賃金)は、10月から全国874円、大阪936円になったのだが、参院選の公約で、自公国民は1000円、立憲は1300円、社民共産は1500円と掲げた。ボクは、各党の説明不足がちょっと歯痒かった。
 とりあえず時給1000円(月額16万円)なら、法定福利費等を足すと約1・4倍にはなるから1400円(月額22・4万円)が経営側の負担となる。この「労務単価」で商取引の発注側と受注側が合意しているかと言うと、発注側の仕様書がそうなっていないことがままある。入札など契約段階での価格競争も重なって「半値八掛け」になる場合もある。最賃は法律で定められても、労務単価の遵守は法律では定められていない。
 さらに、新規社員教育や障がい者雇用などに掛かる間接人件費等が仕様書に積算されているかと言えばそうではない。つまり就労支援費は労務単価に積算されていない。とりあえず就労支援費等を労務単価の5%程度と仮定して加算し1500円を「福祉単価」と呼んでおく。
 つまり、最低賃金1000円は労務単価1400円、福祉単価込みなら1500円だと想定して、それらを連動させるフェアトレード(公正契約)な政策を、政治は論じるべきだ。ここを間違うと、最賃引き上げが生産性だけを争点にし、障がい者等の雇用や人権の論点を失わせかねない。
 ボクは、ずっと「総合評価入札」と「就労支援費込労務単価」で障がい者や就職困難者の雇用を創出すると言い続けてきたが、この4月、大阪府でユニバーサル就労条例(正式には「ハートフル条例」)が施行された。ところが、それでも最賃で生活できるか疑問だ。最近話題になった「老後2000万円」が参考になる。厚生年金受給者(平均月額18万円として)の老後でも月額5万円足りないというのだから、これを現役世代にあてはめると、個人差はあるが、少なくとも月額25万円、時給にして約1500円になる。これが「生活(できる)賃金」とすれば、その労務単価は時給2100円、福祉単価込みなら約2200円だ。
 労務単価の積算根拠に、最低賃金ではなく生活賃金を充てるところまで含めると「社会指標」になる。つまり、生活賃金1500円を基準に、生産性と「共生性」の向上を社会指標としたうえで、法定下限額の最賃を設定するということだ。「守る最低賃金」と「めざす生活賃金」を併記し、守るにはペナルティ(是正)、めざすにはインセンティブ(奨励)、それが政策だ。
 例えば、自治体は自ら発注する委託業務を、少なくとも最賃を払える労務単価と福祉単価で積算し、公正な契約制度(総合評価入札等)で運用する。その上で、生活賃金で労務単価を積算できるよう発注側と受注側、さらに受益者でも負担者でもある市民の「三者」が合意をめざす。一朝一夕にはいかないが、これは税と社会保障の関係と似ている。
 決まった最賃は守る、それは法治国家日本の良いところ。でも、市場での契約規整は自由競争で野放図、それが自民党政治の悪いところ。社会指標(対案)を示さないまま「最賃上げろ」としか言わない、それが野党の頼りないところ。ボクは、それらが歯痒いと思ったのだ。

株式会社ナイス
冨田 一幸

月刊なび149号より 戦争や差別の体験を風化させてはいけない
 投稿日時: 2019/07/01
 丸山穂高衆院議員の戦争挑発発言や、長谷川豊参院予定候補の部落差別講演には驚かされた。彼らに限ったこととは思えない、昨今の歴史に向き合う軽々しさや嘘々しさは、一体何なんだろうと考えてしまう。
 そんな折、熊本県の田原坂にある西南戦争記念資料館を見学する機会があった。薩摩軍が発行した贋札「西郷札」の現物が展示されていることや、博愛社(日本赤十字社の前身)の特別企画もあるとの案内があったからだが、結果は少々期待外れだった。「最後の内戦」西南の役のことは、西郷隆盛とともにあまりに有名なんだが、その内戦が何とも悲惨であったことはあまり語られない。田原坂もさることながら、大分県の竹田など、平穏な集落が瞬時のうちに地獄絵の如き悲運を辿ったのだが、人はこれほどまでに残酷になれるものなのかと立ちすくんでしまうほどなのに、だ。そんな乱暴の極みに「西郷札」による強奪もあり、博愛社の佐野常民が救護に奔走した因もあった。
 これこそ展示されたら良いのにと思うのは、『苦海浄土』の著者石牟礼道子さんの『西南役伝説』に収められている伝承だ。この聴き取り記の冒頭は、水俣市の古老だ。「実地に見たのは西郷戦争が初めてじゃったげな。それからちゅうもん、ひっつけひっつけ戦さがあって、日清、日露、満州事変から、今度の戦争(太平洋戦争)ー。思えば世の中の展ひらくる始めになったなあ。わしゃ、西郷戦争の年、親達が逃げとった山の穴で生まれたげなばい」。天草の古老からの聴き取りも圧巻だ。「ここの村は、耶蘇宗のいくさ(島原の乱)にも遭わん村じゃったが、(西南の役で)村中の働き手を、さらってゆかれてみると、苗字のなか者の世がくるちゅうても、お上というものがおるかぎり、取り立てることばっかり。御一新とはどがな世が来るかと心配しとったら、案のごとく人を奪ってゆかいた」。目も覆う悲惨な戦禍を、涸れたようなまなざしで見つめていた民の声を、石牟礼さんは見事に拾い集めた。もうすでに「もう一つの惨事(水俣病)」が、貧しい不知火海沿岸に押し寄せてきていた頃の聴き取りだった。
 どの戦争も「人を奪ってゆく」ものだと、百姓たちは見透かしていたのだ。不知火の百姓が見た「苗字のなか者の世」と、水平社が見た「人間をいたわるかの如き運動」は同じものであり、水俣の惨劇もそうだった。沖縄の人々が見た「戦後」も同じものだっただろう。
 橋下徹さんや維新の会が、大阪人権博物館の「(運営の)非効率さ」を指摘するあまり、その展示内容に、石牟礼さんが拾い集めた「民の抗い」を感じ取り、「弁士中止!」としたのなら、はたまた、田原坂の記念館が「それ」を過敏に避けたとしたのなら、「お上というもの」の所業ではないだろうか。ボクは、田原坂の記念館がこれから良いものになっていくと期待する。維新の会も、身から出た錆を省みてくれることを期待したい。

株式会社ナイス
冨田 一幸

« 1 ... 4 5 6 (7) 8 9 10 ... 56 »
_