ブランコート

都市型デザイナーズマンション

ガラシャ

ガラシャ

アジールコート

なにわ筋と鶴見橋商店街の結節点

ガラシャ

ガラシャ

特別講演会 過疎集落“やねだん” から考える西成のまちづくり
 投稿日時: 2011/02/07
報道ステーションで紹介された「やねだん」豊重氏が西成にやってきます。

テレビ朝日「報道ステーション」
http://www.tv-asahi.co.jp/dap/bangumi/hst/news/detail.php?news_id=10827
「報道ステーション特集」 やねだん動画
http://www.tv-asahi.co.jp/dap/bangumi/hst/data/feature_asx/10826.asx

3月18日(金) 18:00縲彌r
西成区の大阪市社会福祉研修情報センターで
都市住宅学会主催の講演会が開催されます。
行政に頼らない地域再生の事例紹介として、
鹿児島県より「やねだん」の豊重哲郎氏にお越しいただきます。

また、都市住宅学会会員限定ですが、
講演会前には竣工を翌日に控えた
まちづくりエンアパートメント「アイビスコート」の見学会も
予定されています。

お時間のある方はぜひご参加ください。
講演会ちらし

●------------------------●
★都市住宅学会主催講演会★
行政に頼らない地域再生
「過疎集落“やねだん” から考える西成のまちづくり」


<特別講演会>
●プレゼンター:豊重 哲郎さん 鹿屋市串良町柳谷公民館 館長
●日時:2011 年3 月18 日(金)18:00 ~ 20:30
●場所: 大阪市社会福祉研修・情報センター4階 会議室1 (JR 環状線「今宮駅」下車徒歩10 分)
●参加無料(事前登録不要)

 鹿児島県の大隅半島の集落「やねだん」は、10 年前まで人口300 人、村民の4 割が65歳以上という限界集落。
 公民館長に就任した豊重哲郎氏は、「まちづくりには感動が必要!」という信念のもと、サツマイモ、焼酎づくりにより自主財源を獲得し、行政に頼らない地域再生に取り組む。
 自主財源は増え、すべての世帯にボーナスを配るほどに。
 芸術家による空き家の再生、集落独自の寺子屋による学習塾の設置など、取り組みの結果、人口が増加に転じ、地域再生の手本としてテレビや新聞でも話題となる。
 現在、「やねだん故郷創世塾」を開き、全国の行政職員、まちづくり関係者、福祉関係者の人材育成に取り組む豊重哲郎氏に、さまざまな課題を抱えながら、先駆的な実践の行われる大阪・西成において、行政に頼らない地域再生についてご講演いただきます。

<会員限定 特別企画:まちづくりエンアパートメントハウス「アイビスコート」見学会>
●集合時間:2011 年3 月18 日(金)16:20【時間厳守】
●集合場所:大阪市社会福祉研修・情報センター 1 階ホール
●参加無料(都市住宅学会・会員限定・FAX の事前申込み(参加者の氏名)要)
申込み・お問い合わせ:大阪市立大学 三浦 TEL&FAX:06竏驤€6605竏驤€2871

 翌日3 月19 日に竣工する「しごと・あそび・安心」付きの住宅「アイビスコート」を、豊重哲郎さんとご一緒に見学する特別企画を都市住宅学会・会員限定で企画いたしました。
 「アイビスコート」は、高齢者、障がい者、子育て世帯が安心して住めるように、生活支援だけでなく、仕事や遊びを提供する、ユニークな協働住宅で、国土交通省・高齢者等居住安定化推進事業に選定されています。
 大阪市社会福祉研修・情報センターの1 階ホールに集合後、徒歩で移動し、見学します。

社団法人 都市住宅学会
〒102-0071
東京都千代田区富士見2竏驤€7竏驤€2 ステージビルディング7F 
http://www.uhs.gr.jp/

「おおさかを、だれもが働ける、セーフティーネットのまちに」シンポジウム開催
 投稿日時: 2010/11/01
2010年11月28日に大阪希望館主催のシンポジウムが下記のとおり開催されます。
弊社が協働体として参加する「障がい者就業・就労サポート協働機構」も参加します。時間の許す限り、ご参加ください。
詳細は最下段のPDF版をご覧ください。
●------------------------●
おおさかを、だれもが働ける、セーフティーネットのまちにシンポジウム

【主催者より】
 大阪では、障がい者・若者・ホームレスなど「社会的困窮者」への就労支援の取組が、地域にねざしたパーソナル・サポートで地道に行われてきました。
 「誰もがそれぞれの状態に応じて働ける場」で包摂され、それがセーフティーネットになるまちづくりを目指し、「働くことをささえる」パーソナル・サポートを、制度にしていくためのヒントを見つけたいと願っております。

◎日にち:2010年11月28日(日)
 午後1:00縲恁゚後5:00

◎場所:ヴィアーレ大阪 4階 ヴィアーレホール
http://www.viale-osaka.com/2010/modules/acsess/index.php/index.html

◎参加費 :無料

◎次第
【第1部】大阪でのワークサポートの取組み
 ・知的障がい者への就労支援の現場から:障がい者就業・就労サポート協働機構
 ・ひきこもりニート支援の現場から:ニュースタート事務局関西
 ・すまいと仕事をなくした人への就労支援の現場から:大阪希望館
 ・福祉の援護を要する若者ホームレス支援の現場から:釜ヶ崎支援機構

【第2部】シンポジウム
発題?:「若者支援の現状とパーソナル・サポートの課題」
 宮本 みちこ 氏(放送大学教授)
発題?:大阪市の実情と課題
 大阪市(要請中)

【ディスカッション】
「働くことをどうささえるか」
○パネリスト
 宮本 みちこ 氏(放送大学)
 多賀 雅彦 氏(連合大阪)
 高橋 敦敏 氏(ニュースタート事務局関西)
 三宅 嘉美 氏(障がい者就業・就労サポート協働機構)
 松本 裕文 氏(釜ヶ崎支援機構)
 沖野 充彦 氏(大阪希望館)

◎お問い合わせ
「大阪希望館 運営協議会」
 電話:06-6374-0225

おおさかを、だれもが働ける、セーフティーネットのまちに

「新しい公共」が地域を創る 共生型経済推進フォーラム シンポジウムのご案内
 投稿日時: 2010/07/05
2009年10月に「誰も切らない、分けない経済―時代を変える社会的企業」を出版された共生型経済推進フォーラム。


弊社も紹介いただきました。

7月25日(日)にNPO法人化を記念し、下記シンポジウムを開催されます。

●------------------------●
=共生型経済推進フォーラム NPO法人化記念シンポジウム=

「新しい公共」が地域を創る
縲恷ミ会的事業所を促進する仕組みを考える~

劣化する社会にあって、地域のセーフティネットをいかに編み直していくかが求められています。「市民の公共」に関わる官と市民の関係や地域運営の有りようを変えていくことが必要な時代にいたっており、「新しい公共・円卓会議」や「障がい者制度改革推進会議」など、これらを巡る政府の議論も大きく動きつつあります。

一方、市民・NPO・協同組合など、「新しい公共」の担い手たちを支える仕組みが必要になっています。とりわけ、生きにくさを抱えた人々の働く場を起こす「社会的事業所」は、劣化するコミュ
ニティの中で人と人をつなぎ、新しい地域や経済のあり方を示していく存在とも言え、これらの市民型事業を社会政策として促進していく仕組みが必要になっています。

今回のシンポジウムでは、「新しい公共・円卓会議」委員、行政刷新会議・事業仕分け民間評価者、市民キャビネット共同代表、前我孫子市長などとして、「新しい公共」に係る政策形成の最前線に立つ福嶋浩彦さんをお招きし、変わりつつある社会デザインの展望をお話しいただきます。

さらに、パネルディスカッションでは、社会的排除に向き合う社会的事業の実践者の皆さんにも登場いただき、「社会的事業所」を促進する法制化の展望を含めて、時代を変える仕組みづくりなどについて議論を進めます。

社会のデザインと枠組みが大きく変わろうとする今日、その最前線を肌で知ることのできるシンポジウムになると考えています。ぜひ、多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

◎日にち:2010年7月25日(日)
 午後1:30縲怐i受付:午後1:00縲怐j

◎場所:近畿ろうきん大正支店
http://www.e-map.ne.jp/pc/index.htm?cond1=10&p_f1=1&cid=rokinbk&enc=SJIS&type=Area&area=27

◎参加費 : 1,000円(資料代500円含む)


《タイムテーブル》
1:30縲怐@開会あいさつ 
津田直則 (共生型経済推進フォーラム代表)

1:40縲怩Q:50 記念講演
福嶋 浩彦さん 「市民自治と新しい公共」
(中央学院大学社会システム研究所教授)

2:50縲怩R:00 休憩

3:00縲怩S:45 パネルディスカッション
「社会的事業所の促進と、新しい公共を考える」
○パネラー
 齋藤 縣三さん(共同連・事務局長)
 冨田 一幸さん(西成地区街づくり委員会・委員長、?ナイス・代表取締役)
 福嶋 浩彦さん(中央学院大学社会システム研究所教授)
(未定)

○コーディネーター 
 法橋 聡(近畿ろうきん地域共生推進室・室長)

5:00 まとめ・終了・解散

【参加申込について】
?お名前(フリガナ)、?ご職業(所属名)、?ご連絡先(e-mail・携帯番号など) を明記の上、下記のアドレスまでお申込ください。(★を@に修正してください)
※お申込いただきました個人情報は、シンポジウムの運営についてのみ使用いたします。

Eメール:tiikikyousei★rokin.or.jp

◆主 催 : NPO法人 共生型経済推進フォーラム
◆協 力 : 近畿ろうきん地域共生推進室
◆協 賛 : 大阪労働者福祉財団

« 1 ... 8 9 10 (11) 12 13 14 ... 20 »
_